富士通テン社長に山中氏

 カーナビ大手の富士通テンは富士通出身の山中明副社長(62)が社長に昇格する人事を固めた。重松崇社長(64)は代表権のある会長に就く。6月下旬の取締役会で正式に決める。トヨタ自動車出身で自動車分野に精通する重松氏と、富士通出身でIT(情報技術)に強い山中氏の二人三脚でカーエレクトロニクス事業を強化する。 山中氏は富士通で主力のサーバーシステム事業やソフトウエア事業の本部長を歴任した。